公認会計士と税理士の違い

会社や事業の立ち上げ時、税務関係の申請や届け出に関し何をしていいかわからない人も多いのではないのでしょうか。また雇用や借入に関することに関しても不安が多いのではないでしょうか。そんな時に頼りになるのが税理士や公認会計士の資格を持つ人達です。税理士の業務は主に税金に関する業務を行います。企業であれば所得税や法人税などの税金申告や書類作成を行います。

一方で公認会計士は企業会計の監査を行うことにあります。企業の会計が適正でかつ正確に行われているかを独立した立場で判断を行います。またM&Aを行う買収先の企業の価値を測ったりします。

2つの職業ではできることが違い、何をサポートしてほしいかにより相談する人を変えなければいけませんので、まずはしっかりと要望をまとめておくことが大切です。

また両方の資格を持つ人や、それぞれの資格を持つ人が所属する事務所もありますので、どちらに相談したら良いかわからない場合も安心です。

会社立ち上げ前に公認会計士や税理士とコミュニケーションがとれていれば、設立後の手続きや経理処理についてのサポートも受けやすくなってきます。

会社立ち上げは一人の力ではできませんから、その専門分野の人に協力を仰ぎ、ながく付き合えるパートナーを見つけていくことが大切です。